#77 花粉症の目薬は医療用医薬品のほうがよく効くのでしょうか?

JJCLIP論文抄読会#77

2019年度第9回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:2020年2月16日(日)

午後20時45分〜 仮配信
午後21時00分〜 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

*ツイキャス配信はこちらから.

花粉症の目薬は医療用医薬品のほうがよく効くのでしょうか?

【仮想症例シナリオ】

あなたは,とある街のドラッグストアの薬剤師さんです.

冬らしからぬ暖かな気温で,今年は例年よりも風邪やインフルエンザの患者さんが少ないなと感じる今日このごろ.

いつも通りの業務をこなしつつ,そろそろ花粉症がまた流行し始めるかなと思い,OTC医薬品の在庫を増やそうと考えていた矢先, いつも当薬局を利用されており, つい先日も花粉症のOTC医薬品を販売したばかりの40代の男性の方からあなた宛に電話がかかってきました.

「今年はどうも鼻炎だけじゃなくて目の痒みもひどくて困っちゃってね,でも正直病院には行きたくないから,目薬もここで欲しいなと思っているんです.ただ目薬っていっぱい種類があるじゃないですか?どれがいいか自分はさっぱりわからないから,今度の土曜日の朝までにどれがいいか選んでおいて欲しいんです.もし良い薬がないなら,諦めてすぐに病院に行きます.それじゃ,よろしく!」

患者情報
・特に基礎疾患・既往歴のない働き盛りの40代男性(既婚,子持ち)
・いつも日用品の買い物で当薬局をよく利用される
・病院嫌いで,風邪症状などの治療薬選びでたびたび相談に来てくださる


『花粉症用の点眼薬と言ったら思いつくのはオロパタジンとかエピナスチンだけれど,あれは医療用だから無理だよな…,OTC医薬品で同じくらい効果のあるものってなんだろう…?』と一人呟きながら,根拠となる論文がないか探してみたところ,ちょうど疑問に合致する報告を見つけることができたので,その場でさっそく読んでみることにしました.

【 お題論文 】

Patel D, Sarala N, Datti NP.
Topical Olopatadine Hydrochloride versus Ketotifen Fumarate for Allergic Conjunctivitis.
J Ophthalmic Vis Res. 2018;13(2):119–123.
PMID: 29719638

【使用するワークシート】

ランダム化比較試験を10分で吟味するポイント

ランダム化比較試験 (749 ダウンロード)
クリックするとダウンロードできます

JJCLIPってなに?

薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)
とは, 当法人が運営する,EBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです.

設立当初は薬剤師向けを意識した勉強会でしたが,現在は他職種,および一般の方々にも楽しく視聴できるよう配慮をしております.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です